大阪府豊中市新千里南町の動物病院「アリバ豊中動物病院」です。平日は朝7時から診療、日曜祝日も診療しています。

06-7777-3702

<受付時間> 7:00〜12:00/16:00〜19:00
※月曜日は14:00まで、土日祝日の午前は9:00~12:00

予約はこちら(予約優先)

お知らせ

設備関連

ICU導入しました

2020.08.13

豊中市の動物病院、アリバ豊中動物病院です。

平日は早朝7時から診察開始しているので緊急の症例のドロップオフ診察(日中お預かりして検査や治療を行う診察)や簡単な診察(ワクチンのみの診察など)は是非ご活用下さい。

 

さて、早朝診察を行っていることもあり重症の患者さんの来院も増えてきました。

呼吸に関連した重症例も安心して治療できるように湿度・温度調整付きのICUを導入致しました。

 

今までの簡易酸素室では預かれなかった大きめのワンちゃんも入ることのできる大きさのお部屋もございます。

呼吸器の病気や心臓病を持っている患者さんの悪化時にも対応できるよう夜間救急での勤務経験を生かし今後も診療に精進してまいります。

咳や疲れやすさ、息切れなどの症状を感じた場合はお気軽にご相談下さい。

 

 

手術関連

不妊・去勢手術と一緒に歯列矯正

2020.08.09

桃山台駅から徒歩圏内のアリバ豊中動物病院です。

フィラリア予防と狂犬病注射での予防開始シーズンも落ち着いてまいりました。

暑い季節が続いています。この時期は外の虫が活発になる時期です。フィラリア予防はもちろん、ノミ・マダニ予防もお忘れなく!

熱中症などにも十分気をつけて下さい。

 

さて今日は子犬・子猫さんの手術について少し書いてみようと思います。

子宮や卵巣をとる手術いわゆる不妊手術、避妊手術には生殖に伴うストレスの軽減だけでなく子宮や卵巣の疾患の予防、乳腺腫瘍の発生率を減らすなどの沢山のメリットがあります。

精巣をとるいわゆる去勢手術も精巣の疾患や前立腺疾患、会陰ヘルニア、心臓病リスクの増加などの男性ホルモンの関連していると思われるトラブルが起きる確率を減らしてくれたり、問題行動の抑制といったメリットがあります。

 

また、乳歯遺残(永久歯が生えたあとも乳歯が残ってしまう状態)がある場合は手術時に一緒に乳歯を抜いてあげることをお勧めしています。

お口の中を簡単に見させてくれる子なら一度乳歯が残っていないかチェックしてみてもいいかもしれません。

乳歯遺残しやすいのは犬歯の乳歯です。尖っている犬歯のすぐ近くにもっと尖った犬歯がある場合は乳歯である可能性が高いです。

分かりにくい場合は動物病院で確認してもらうことをお勧めします。

 

 

 

乳歯遺残があると永久歯の生え方がいびつになってしまい不正咬合といわれる状態になりやすくなってしまいます。

歯石が付きやすくなってしまったり、歯が歯肉に当たって痛みがでてしまったりすることがあるので手術をする際は乳歯も一緒にケアしてあげましょう。

 

今回は乳歯遺残が原因で下顎の犬歯が上顎の歯肉に当たってしまっていた症例の歯列矯正を紹介します。

写真では分かりづらいかもしれませんが乳歯のせいで下顎の犬歯が内側に生えてしまい上あごに犬歯の先端が当たってしまっている状態でした。

ちょうど去勢手術の相談をしていた時に見つかったので、手術時に乳歯抜歯と一緒に歯の向きを本来向いている方向へ動かす歯列矯正を同時に行う予定で麻酔をかけ。去勢手術後、乳歯を抜きその乳歯の歯根を利用して楔を打って永久歯を本来の方向へ動かす矯正方法を行いました。

 

去勢手術の跡の抜糸の際には無事歯並びは改善していて上あごには当たらなくなっています。

 

手術の前に乳歯のチェックや手術で解決可能な先天的な問題が無いか確認しておくと改めて悪化してから麻酔をかけるより麻酔の回数も少なくて済みます。

子犬さん子猫さんの不妊・去勢手術をお考えの際にはぜひご相談下さい。

当院では乳歯の生え変わりの時期なども考慮しワンちゃん猫ちゃんでは6か月令以降での手術をお勧めしています。6か月令になるくらいで一度お口のチェックなどで連れてきてあげてください。