大阪府豊中市新千里南町の動物病院「アリバ豊中動物病院」です。平日は朝7時から診療、日曜祝日も診療しています。

06-7777-3702

<受付時間> 7:00〜12:00/16:00〜19:00
※月曜日は14:00まで、土日祝日の午前は9:00~12:00

予約はこちら(予約優先)

お知らせ

手術関連

外科用 血管シーリングシステム導入しました

2020.09.30

吹田市の桃山台駅から徒歩圏内、二ノ切池公園の隣にあるアリバ豊中動物病院です。

当院では、より安全な手術を提供できるようベッセルシーリングシステムの「ENSEAL」と超音波凝固切開装置の「SonoSurg」を導入致しました。

   

これらは血管を超音波や電気の力を使って止血し同時に切開もできるエネルギーデバイスです。

子宮卵巣摘出手術や脾臓摘出、軟口蓋の手術などで今まで以上にスムーズな手術が可能となります。

通常の手術の際は血管を一つ一つ糸で縛り止血をした上で切離を行っていますが、これらの機器を使用することでオペ時間の短縮と体腔内に糸を残さず手術をすることが可能になります。

止血の為に使われる糸(縫合糸)は改良されてきているため昔に比べると糸に対して過剰な反応を起こす症例は少なくなってきていますがダックスさんを始めとして一部の子では糸に過剰な反応を起こして縫合糸反応性肉芽腫という腫瘍を作ってしまうことがあります。

卵巣子宮摘出術(いわゆる避妊手術)や精巣摘出術(いわゆる去勢手術)などで体腔内に糸を残さない方法での手術を御希望の場合はオプションで糸を使わない方法で実施することが可能です。詳細は獣医師までお尋ねください。

 

 

二つとも似たような仕事をする機械ですが長所と短所がそれぞれあります。

例えばSonosurgは先端が細い分細かい操作が必要なところでは威力を発揮しますが先端が高温になりやすいので周辺組織へのダメージに気をつける必要があります。

Ensealは先端がSonosurgに比べると太いですが先端の温度が上がりすぎることが無いので周辺へのダメージが少ない傾向にあります。

実際の手術の際にはどちらを使っても問題ないことがほとんどですが細かい部分や繊細な部分ではこだわって使い分けて手術を実施します。

これらのデバイスのお陰で手術時間が短くなることで患者さんの麻酔の負担を減らすことが出来ることと、手術時間が長引いて午後の診察に影響が出ることを防ぐことにもつながります。

手術は動物さんにとっても負担の大きい処置ですのでなるべく負担が少ない手術が提供できるように設備の面でも技術の面でもアリバ豊中動物病院はより良い動物病院になれるよう日々進歩し続けていきます。

 

手術のことで分からないことや相談したいことがありましたら気軽にご相談下さい。

 

 

アリバ豊中動物病院